静止・移動が自在な浮体式風力発電設備「ヨット型ドローン」の開発

Start content

日本だから出来る 新しいエネルギー発生方法

陸地の7割が山々に囲まれ、平地にも高層建築が立ち並ぶ日本。
しかし、国土の12倍もある広大な領海と排他的経済水域では
遮るものは何もないので、陸上よりも安定して風が吹きます。
...
風を待っていても吹かないのなら、
こちらから風の吹いているところまで行ってしまいましょう!

私たちなら可能です

日本には世界最先端のロボット技術があります、自律型自動運転技術の開発が進んでいます。
日本には世界最先端の造船技術があり、高精度GPSの計画があり、素材技術があります。
天文学的ケースの中から最良の手を選択する知恵があり、世界最大の民間気象会社もあります。
宇宙空間を航行する宇宙船もセイルを広げてヨット航行するというアイデアがあります。
...
そしてもうひとつ
...
そこに ”シバーリング” という技術を加えることで
自律航行型の浮体式風力発電が可能になるのです。

株式会社OKYAは、夢のようなエネルギー発生方法を提案します

─ MISSION ─

1.海と共生しながら活用を広げること
2.海の活動の安全性を求め、発展すること
3.地球を構成する一員として、環境負荷の抑制に努めること

  1. OKYA代表のご挨拶

    初めての方へ、代表:菅野 優からご挨拶。

  2. 私が今やる理由

    なぜ私が、ここ日本で、今やる必要があるのでしょう。

  3. 技術説明

    風を利用して場所をキープする仕組みを解説。

  4. 未来イメージ

    ヨット型ドローンを使った、夢のような未来。

PAGE TOP